行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、
次のような行動計画を策定する。

1.計画期間
  2018年1月1日から2022年12月31日までの5年間

2.目標
  ①子育てを行う社員が家庭と仕事を両立することができるように環境を整備する。
  ②地域の子供の職場体験・若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供。(継続)
  ③時間外労働による健康面・精神面への影響を考慮し、時間外労働削減への取り組みを行う。

3.対策
  ①育児休業をとりやすく、職場復帰しやすいよう業務内容の見直しや、勤務シフトについて調整し、環境の整備を実施する。
   一定期間の所定外労働の免除。
   出産、子育てによる退職者についての再雇用制度の実施。
  ②地域の学校との連携をより強化し、職場体験、又若年者に対するインターンシップの受入を強化する。
   インターンシップ受入 7件(2017年実績)
  ③毎月開催の「月次会議」において、前月を含む今年度の結果を報告し、会社全体で時間外労働の削減に努める。
このページの先頭へ戻る